言語化苦手な人こそ紙を使うべき!

みなさんこんにちは!松原です。

ここのところ、自分の経験をまとめるある書類を作っているんですが、まあ自分の経験の言語化が苦手でして、アウトプットに困っていたわけです。

ですが、やっぱりこういうときにはアナログに戻って紙に書きだすのが1番!と思った次第です。

 

最近KindleやらiPhoneXやらデジタルなものの便利さにかまけておりますが、これらってインプットにはとても役立つんですがアウトプットにはやはり高い自由度が求められると感じています。

 

文章を論理立てて書く場合や、頭の中にある抽象的なイメージを表現するのはまっさらな紙とペンが便利です。

 

一度書いたものを書くのが面倒くさいとかマイナス点もありますが、思考を凝らして練らなければならないときはその不便さを考慮に入れたとしてもペンをもって手を動かすのは大事かと。

 

特にこういう考え事をするときって集中力が大事になると思うんですけど、デジタルなものはその集中を阻害するものがおおい。

 

なんかいい案思い浮かばないから音楽でも聞いてリフレッシュするかとか思い始めるとYoutube見てしまったり、SNS開いたり。

パソコン使ってるとサッとブラウザのタブを切り替えたり画面を切り替えたりできてしまって、考えなければならないことを視界から消し去ることができてしまいますが、紙であれば目の前から消えることはないですからね。

 

こういう点でアナログは集中力を切らさないのに一役買ってくれますね。

 

普段どっぷりデジタルに浸ってしまっていますが、使い分け大事だなあと感じました。

 

書くのが楽しくなる良いノートとか文房具でも探してみようかな。

 

それでは本日はこのへんで。