バングラデシュの料理ってどうするの?包丁の使い方がかわっているんです

みなさん、こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。
先日、こちらの記事の中でバングラデシュの料理について触れました。

www.nobuhidematsubara.com

このなかでお話した、バングラデシュのお米の炊き方に加えて、もう一点日本には馴染みのない点を発見したのでご紹介です!

 

f:id:nobuhidematsubara:20180515101853j:plain

こちらの写真をごらんください。

これ、なんだと思いますか??

実はこれ、包丁なんです。普通、包丁と行ったら手に持って使いますが、バングラデシュでは床に置いて使います。

なので包丁は動かさずに切りたい野菜などを押し付ける形で切っていくんですね。

ばんぐらの人はこれを器用に使いこなして野菜の皮むきや種とり、細かなカットまでなんでもこなします。

僕も挑戦したんですが、この包丁がぐらつかないようにするのには体重をかけるなど少しコツが必要で、体全体をつかって料理をする感じでした。

 

小さなところでお国柄がでるの面白いですね。また発見したらお伝えできればと思います。それではこのへんで!