深夜便で疲れた体におすすめ!北京首都国際空港で深夜に快適に過ごす方法

f:id:nobuhidematsubara:20180322104729j:image
みなさん、こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。
先日、北京のトランジット時間を利用して「天安門」を観光をするための方法をご紹介しましたが、本日は北京の空港に深夜についた場合朝まで快適に過ごす方法をご紹介します!
▼トランジットでの観光はこちら

www.nobuhidematsubara.com

 マッサージ×睡眠

f:id:nobuhidematsubara:20180322104626j:image

先日、中国東方航空を利用して北京経由で日本に帰国する際に、北京に深夜12時に到着しました。

中国国際航空であれば無料ホテルのサービスもあるようなのですが、東方航空ではそのようなサービスがなく(僕が見つけられなかっただけかもしれませんが)、ホテルをとるにしても深夜に市内に向かわなくてはならないため、今回は空港内で夜を明かすことに。

しかし、北京に到着する前に経由便ということで昆明で一度乗り継ぎをしていて少しつかれていたことや、次の日の午前中北京市内の観光を考えていたため、空港内での椅子で寝ることはさけ、今回はターミナル3階にあるマッサージ店を利用しました。

なぜ、マッサージ店のメインのサービスはフットマッサージ。旅行で疲れた足を癒すことができます。次の日観光を計画している人にもいいかもしれませんね。

f:id:nobuhidematsubara:20180322104652j:image

また、このお店はシートがフルフラットになるためそのまま寝ることができます。あさ7時まで利用していいようなので深夜に到着しても6時間くらいは過ごせそうです(カウンターには朝6時までと書いてありますが、スタッフに直接確認すると7時まで大丈夫とのこと)。ブランケットも用意されているため、寒さも問題なしです。

一点問題点があるとすると、ひと部屋に3台シートが用意されているため、もしかしたら他のお客さんと共用になる可能性があるということ。

深夜でもそこまで利用客がいなく、僕は一部屋ひとりでつかえたので問題ありませんでしたが、注意は必要ですね。

値段は日本円で5000円程度しましたが、空港から出る手間と旅の疲れを解消できで、かつ朝まで寝れると考えると 利用してもよいのではないでしょうか。

ぜひ皆さんも深夜便をご利用の際は検討してみてはいかがでしょう!

あわせて読みたい

www.nobuhidematsubara.com