クリケット界の本田圭佑、バングラデシュナショナルチームのキャプテンMashrafe選手に会ってきた

f:id:nobuhidematsubara:20180314031513j:plain

左から2番目がMashrafe選手

みなさん、こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。

バングラデシュといったらクリケットが大人気。日本では馴染みがありませんが熱狂的なファンが多く、9割以上の確立でクリケットの話題になると喜んでくれます。

実は、そんなクリケットのナショナルチームのキャプテンに昨日会えちゃったんです。

 田舎生まれのスパースター

昨日の夕方、大学でのミーティングを終えて家に向かう途中、車に同乗していた社長さんに友人から一本の電話が。

「Mashrafeと会えるから今から彼の家に来い!!」

Mashrafeさんは、バングラデシュのクリケットのナショナルチームキャプテンを務める選手。

つまり、バングラデシュ全土からめちゃくちゃ注目を浴びるスパースターです。

そんな彼が、僕たちを家に招待してくれました。

ぼくがインターンをしている会社は、主に首都ダッカを中心に中高生に対して関数電卓を売ったり、オリジナルの映像授業のDVD、そのコンテンツをインストールしたタブレットの販売などしています。

他にも、映像授業をつかった田舎の大学受験生の支援などNGOとしての活動もしています。

そんな教育分野に関心を持ってくださり、今回お話できる機会をいただきました。

どうやら話を聞いてみると、Mashrafe選手はけっこうな田舎出身らしく、クリケットだけではなくて教育を通しても自分の地元に貢献したいという思いがあるそう。なので、ぜひとも自分の地元にもうちの手を伸ばしてほしいのだとか。

ぼくらとしても、国のスーパースターが後押ししてくれるとなるととても心強く一致団結。

いままで、アカデミックな世界とのつながりは強みとしてありましたが、誰でも知っている著名人を巻き込んだ新たなスタートがきれそうです。

1月に対スリランカの国際試合を見に行ったことを話したら緊張がほぐれたので、見に行っといて良かったーー!とほっと一息です。

なんでもつながるもんなんですね。

彼にあった一般の日本人、国中探してもぼくくらいなのでは、なんて思ってしまいます笑

そんな出会いに感謝しつつ、今後の進展に期待です!

それでは本日はここらへんで!

あわせて読みたい

www.nobuhidematsubara.com