国際協力に関わる人におすすめ!JICAの月間広報誌「mundi」をご紹介!

こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。
 
みなさんは国際協力について調べたいと思ったときにどのように調べますか?
今だったら、国際協力に取り組んでいる各NGOや国際機関などがSNSを頻繁に活用しているので、それをチェックするのが簡単かもしれません。
はたまたWebサイトを覗いたりもするかもしれませんね。
 
でもあえて、紙媒体の雑誌なんていかがでしょう?本日はJICAの月間広報誌「mundi」のご紹介です!

 「世界」という名の雑誌

f:id:nobuhidematsubara:20180524001923j:plain
 
mundiはラテン語で「世界」という意味を持ちます。その名の通り雑誌“mundi”は世界のことを教えてくれる国際協力の専門誌です。
 
毎号世界の地域やJICAの取り組む援助の分野について特集を組んで読者を楽しませてくれます。
 
例えば、2018年1月号では前読売巨人軍監督の原辰徳さんが南米ペルーで野球の指導をしたことを取り上げて紹介していたり、各回JICAのスタッフや青年海外協力隊の方の生の声が収められていて、日本にいながら各地の声を聴くことができます。
 
▼参考

特別レポート 読売巨人軍前監督 原辰徳さんらがペルーで熱血指導!−日本との固い絆 | 広報誌・パンフレット | JICAについて - JICA

 

ただ、先程“日本にいながら”と言わせていただいたのですが、実は海外でも利用が可能です。

というのも、このmundi、WEB上で無料公開されています。

各号まるごとダウンロードすることもできますし、特集ごとにPDFが作成されているので自分の気になるところだけかいつまんで読むことも可能です。

毎号追わなくてもWEB上で見れるのであれば自分の興味のある分野地域の特集が組まれているときだけ読むのでもいいですね。

JICAのTwitterアカウントとかでも随時更新されているので確認してみてもいいかもしれません。

 

また、雑誌なだけに写真で魅せることにも力を入れているようで、読者からの写真投稿も募集しています。

写真投稿のご案内 | 広報誌・パンフレット | JICAについて - JICA

純粋に自分の取った写真が雑誌に載るのって嬉しいと思いますし、国際協力やってみたいけど中々ハードルが高い、なんて思う人は海外に旅行に行った際にでも撮影して投稿してみるのもいいと思います。

「伝える」っていうのも十分国際協力のひとつだと思うので。 

 

ぜひ関心があってみたら読んでみてください。

それでは!

▼mundiはこちらからご覧いただけます

mundi | 広報誌・パンフレット | JICAについて - JICA