【新年のご挨拶】今年の抱負は、飛躍するために「蓄える」1年にすること。

f:id:nobuhidematsubara:20171230103727p:plain

みなさん、2018年到来ですね。今年もどうぞよろしくお願いします!

新たな年を迎え、どのような1年にしようかみなさん色々思いを馳せていると思います。

そこで、新年一発目の本日は、新年のご挨拶として今年の抱負をご紹介できたらと思います。

 じっと蓄える1年へ

僕の今年の抱負はじっと「蓄える」1年にすることです。

新年になると、よく「飛躍の年になりますように」と祈念するものですが、今年は飛躍の前のしゃがみ込む期間にしたいなと。

僕、22年間生きてきた中で、考えてしゃがんてたときってほとんどないんですよね。

なにかやりたいことが頭に浮かんだら長期的な計画は考えずに着手してしまうタイプ。

もちろん頭だけではなくて行動に移して形にすることは大事なことだとは思うのですが、しゃがまずに飛ぼうと思っても高くは飛べないんですよね。

なので、今年は、人生ではじめて意図的にしゃがんでみることにします。

つまり、今までは好きなことを好きなようにやってきましたが、今年は苦手ものも後回しにせず、しっかり向き合っていきたいなと。

2018年は来週1月8日から12月まで1年間バングラデシュで過ごすことになり、ほぼ未知の世界です。遊びに行くわけではないので体験したことのないレベルでのインプットやアウトプットが求められると思います。1年後の自分のために歯を食いしばってついていきたいですね。

 

と、不安な一面がある一方、実はいまとてもワクワクしています。

というのも、バングラに呼んでくれたe-Educationの開人さんを始め、アツさん(税所篤快)や、アジア開発銀行で務める池田洋一郎さん、面識はないですが渡辺清花さん、原貫太さんといった国際協力で学生といったらこの人!といえるような、尊敬している人たちは、何かしらの形でバングラデシュを通っています。

彼らがみたものを1年間フルで体感できることがとても楽しみです。

すでに背中を追っているだけになって悔しい点もありますが、今年はそんな悔しさとも謙虚に向き合って、1年過ぎたときには彼らに追いつき追い越せるように蓄える1年にしたいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いします!