迷ってたけど就活やらないことに決めました(1年ぶり2回目)

みなさん、こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。
3月入って一週間経ちましたが、3月といえば大学生のみなさんは就活ですね。ぼくも19卒の予定なのでスーツ着て説明会行くべきなんでしょうけど、就活やらないことに決めました。

 選択肢を意識的に切ったのは初めて

f:id:nobuhidematsubara:20180307035251j:plain

近所のカフェっぽいところ

そもそも、1年間バングラいるのに就活する気だったのかよってツッコミが入りそうですが、まあ可能なので選択肢としては普通に考えてました。

留学生向けの海外選考とか時期ずらした超短期決戦の選考とかありますからね。6月最終面接のおこぼれのほんとに数名の小さな枠でしょうけど、可能性が0じゃないならありだとは思ってました。就活なめんなって声が飛んできそうですね笑

純粋に働くの楽しそうって思っていたので早く手に職をつけたいと思う一方で、高校の時から漠然と考えてた進学もしたいと、目の前にやりたいことが色々あるわけです。

で、ぐるぐる迷って決められないでいたんですけど、そろそろ迷っている状態がうっとおしくなってきたので終止符をうちました。

というのも、「迷っている」という状態って別に頭使ってたわけじゃないんですね。前述の通り、どっち選んでも楽しそうって感情的な話をずっとしてたので決まらなかっただけなんです。

(ちなみに、思考のベースがものごとどうにでもなるっていう楽観主義者なので選択肢の実現可能性は度外視してます笑)

どうやって決まったのかというと、どんな仕事したいかではなくてどんな生活したいかってところに注目してみました。すると、◯◯な生活がしたいっていうのはいくつか浮かんでくるんです。

その生活のために今どっちを選ぶべきかって考えたら進学のほうが近道そうだったんです。

というか、院にいながらその生活始められそうなので生涯通してハッピーになれる気しか今はしてません笑

(同期はこういうこと1年以上前にやってると思うと相当おくれてて笑えてきます)

 

ただ、ここまで読んで、大学5年で無い内定のまま院試突入するのリスキーじゃね?もし落ちたらどうするの?って思う方もいるかもしれません。

この点は心配ご無用。流石に生活はしなきゃなのでプー太郎にはなれませんが、どこでも楽しめるし自分のしたい生活は送れると思っている(おそらく設定している生活目標がそこまで高くないことに起因)ので、変に大企業とかに固執していない分どうにかなるでしょう。

ただ、ベターな生活は送りたいので進学はちゃんとしたいところです笑

そのためにはもちろん準備が必要ですが、機械的ないわゆる作業は得意なので、院進学に必要な要素考えて計画立ててしまえばあとはそれを淡々とこなすだけです。やることは限られてますからね。

選択肢を削ったメリットがここに現れそうです。作業をする時はよそ見しないことが大事ですからね。

なんだかんだで、意識的に選択肢をきったのはこれが初めてな気がするので、自分でも経過が楽しみです。

この結果は早くて年内、遅くても年明けくらいには報告できると思うのでお楽しみに。

就活のみなさんはがんばってください!それでは!